So-net無料ブログ作成
検索選択
SAE 誕生 ブログトップ
前の3件 | -

次女SAE出産の入院生活 2 [SAE 誕生]

2日目以降も、午前中のスケジュールは特に変わることはなく、ただ、トイレの後看護師さんに、切開部分を消毒してもらうためにいちいち呼ばなくてはいけなくて、それがなんだか申し訳なく、ちょっと我慢してたりしました・・・。

出産時に、陣痛がかなり有効にきたので、私が力む同時に一気にSAEの頭が出てきたことと、その頭がやたら大きかったこともあって、会陰を切開したのもかかわらず、まったく別のところが避けてしまったらしく、出産直後に30分くらいかけて先生が縫合してくれました。
それが効いたのか、ほとんど痛みは感じず、腫れもせず、2日目くらいからは普通に座ることさえできました。

まだおっぱいが張ってきてなかったので、2日目に助産師さんがサービスの全身アロママッサージをしてくれました。
張ってきてしまうとうつ伏せが辛いだろうからと、早めにしてくれました。
めちゃくちゃ気持ちよかったです。
病院でこんなことしてもらえるなんて・・・。
出産をがんばってご褒美をもらったような気分でした。

3日目にはやっと全身シャワーが浴びられるようになりました。
出産で汗かいてたのと、その後の生活で出た汚れと、一気に洗い流せて気持ちよかったぁぁ!
それからは毎日シャワーを浴びられるようになりましたが、これもまた午前中に組み込まれたため、さらにバタバタしてました・・・。
 

4日目
には沐浴指導があり、てっきり私がやるのかなと思っていたら、助産師さんがやるのをみて、説明を受けるだけだったので拍子抜けしました。
フランスでは入院中から私が毎日やっていたので、今に至っても、母親の私がまだ一度もお風呂に入れていないということが変な感じです。
実家では毎日じぃじかばぁばが入れてくれてます。
ママはまだ浴槽には入れないので・・・。

5日目は退院指導。
翌日に退院を控え、これからの体の変化や、生活上の注意、赤ちゃんの様子で気をつけることなどを簡単に指導していただき、そのついでに、明治乳業さんによるミルクの作り方指導も受けました。
『ほほえみ』の試供品の小さなカンもいただきました。
たぶん使うことはないと思いますが・・・。

あとは土曜日で仕事が休みなのでパパが来てくれました。
かなり忙しいらしくゆっくり出て、病院に着いたのは夕方の4時くらいでしたが、先にばぁばと来ていたアオイも一緒に病室に泊まって、家族4人やっとそろった一夜を過ごすことが出来ました。
でも久しぶりにパパに会ったアオイははしゃぎまくって、しばらくパパと一時も離れず、パパは結局ゆっくりSAEを見ることも、ママと話すことも出来ませんでしたが、娘二人が寝入ってからパパとママはキッズルームを貸してもらってちょっと落ち着いて話しをすることができました。

6日目、退院です。
パパもアオイもSAEもいて、荷物をまとめるのが大変だろうからと、昼の1時頃に退院する事にしたのですが、それでも最後は慌ただしくなってしまいました。

この日も相変わらずいつものスケジュールが入っていて、朝は少しバタバタしていましたが、退院検診をして、お昼ご飯を食べて、荷物を忘れ物のないようにまとめて、じぃじとばぁばに迎えに来てもらったところ、何かを察したアオイがパパから離れなくなってしまい、会計を済ませていざ車に乗り込もうと、パパから引き離すと、号泣して暴れ始めてしまいました。
もう少しうまく出来れば良かったんですが、赤ちゃんを抱いての退院で私も余裕がなかったことが、ちょっと悔やまれます・・・。
そこでパパとはお別れだったのに、ママは別れの言葉も言えませんでした・・・。
車の中はエライ事になってたけど。

結局出産費用は393,000円でした。
自腹で払ったのは4万3千円って事ですね。
高いのか安いのかよく分かりませんが、我が家の家計から支払える額に収まって良かったです。

こうしてあっという間に1週間が過ぎてしまいました。
お産そのものが楽だった分、かなり余裕をもって過ごせました。
一番辛かったのは、後陣痛とおっぱいマッサージかな・・・。
楽しい入院生活でした。


nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

次女SAE出産の入院生活 1 [SAE 誕生]

次女のSAEを出産して10日が経ちました。
もうみなさんご存じの通り、7日の朝に先生に事前に言われていたように入院生活が始まりました。
その日の昼に出産。
それからは、長女を実家に預けてSAEと2人きりでの産後の入院生活のスタートです。
出産後、2時間くらいは起きあがらないように言われていたので、ばぁばとアオイにもいてもらって、そのあとはアオイも疲れてきっていたので、早めに帰ってもらいました。

私の病院では、出産した日を0日として、翌日が1日目。
退院は6日目に設定されていました。

部屋は全室個室。
テレビ・冷蔵庫・ソファーベッドお茶セットが付いていて、トイレやシャワーは共同となっていました。

0日目の晩ご飯は、さすがにたくさんは食べることが出来なくて半分くらい残してしまいました。
・・・美味しかったのに。
本来なら0日目の夜は、病院側が赤ちゃんを預かる事になっていたのですが、超スピード出産で体力も余っていたし、早く母乳をあげたかったので、私は出産当日から母子同室にしてもらいました。
出産前日に徹夜してしまった私は、もちろんゆっくり休みたかったのですが、それでも生まれたてのSAEと離れたくなかったので、頑張ってみました。

でもSAEは拍子抜けなくらいよく寝てくれて、実はママもゆっくり眠れたとさ・・・。

入院1日目
例外的に初日から赤ちゃんと一緒だった私を、朝、看護師さん達が気づかってくれましたが、本当に覚悟していたイメージの3分の1も疲れていない感じだったので余裕の笑みを返しておきました。
しかしやっぱり2人目の出産後は後陣通(子宮の収縮)が結構辛くて、歩くのにちょっと不自由さを感じるほど痛かった・・・。

この病院では午前中は7:00と11:00に検温なので、自動的に7:00起床。
赤ちゃんも同時に検温です。
基本的に午前中はスケジュールが詰まっていて、
7:00  起床・検温
      この間に部屋の掃除・ゴミの処理をしてくれる
7:30  朝食 
      ↑毎回めちゃくちゃ美味しくて、常に一番に食べ終わってました。もちろん完食。
9:00  フットスパ (SAEを預ける)
      ↑足をお湯につけて泡でマッサージできるものを15分やってくれる
9:30  おっぱいマッサージ 足のエアーマッサージ 
      ↑助産師さんによるマッサージ  足は膝下のむくみ解消に効果的
10:00 洗身
      ↑もちろんまだシャワーも出来ないのでタオルで身体を拭く
11:00 検温 (SAE戻ってくる)
      ↑大体この頃にアオイとばぁばが到着
11:30 部屋のお茶セットの交換
      ↑アオイと遊ぶ
12:00 昼食
      ↑食事中に先生による回診
 
・・・忙しいでしょう??
この間にもちろんSAEにおっぱいあげるし、おむつ替えるし、トイレにも行くし、アオイと遊ぶし・・・。
午前中はいつもバタバタしていたように思います。
その間を縫って1時間ずつでも睡眠とったりしてたから、出産後の母体ってすごいなぁといました。
妙に寝付きがいいんですよね。すぐ眠れるしすぐ起きられる・・・。

午後はぐんと静かになって、昼食後のスケジュールとしては
15:00 おやつ
     
16:00 検温

17:00 お茶セット交換

17:30 夕食

20:00 ホットタオル&Feドリンク配布 消灯  

基本的に消灯とともに寝てました。
遅くまで起きてる意味もなかったし、テレビもおもしろいのなかったし・・・。
そして夜中もSAEの授乳は3時間おきくらいのペースでしなくてはいけなかったし、眠れるときにすぐ寝ることを選択するようになってました。

この日看護師さんが加湿器を貸してくれて、快適な室内環境で過ごすことが出来ました。
SAEもまぁまぁよく寝てくれて、ママもゆっくり休めました。
長女のアオイの時はこうはいかなかったなぁ・・・。

つづく・・・。


nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:育児

次女SAEの出産 【陣痛誘発剤】 [SAE 誕生]

みなさんお祝いコメントありがとうございます。
今回は当日の記事の通りに1月7日に入院して、誘発剤を使っての出産となりました。
2008年1月3日が出産予定日だったんですけど、5日に受診して、7日の月曜日までに自然に陣痛が来なかった場合、朝9:00から入院するように言われました。

当日・・・。

9:00  診察を受け、子宮口は2~3cm開いてはいるけど、また固いと言われる。
      部屋にとおされ、6錠の飲み薬タイプの陣痛誘発剤が手渡される。

9:20  1錠目服用。
      1時間に一錠、時間通りに飲むように指示される。

      特に変わった事は起きずに、アオイとキッズルームで遊ぶ。

10:20 2錠目服用。
       
      何となくお腹に張りの強めくらいのものを感じ始めるも痛みはなく間隔も定まらない感じ。

11:20 3錠目服用。

      このころから張りの感覚が狭まって来たよう。
      でも痛みは生理痛の軽い時くらいで、全く我慢できる程度。
      張りだけは頻繁に来るように。

12:00 昼食が出され、完食。
      助産師さんに、張りの状態を見るために食後に陣痛監察器を付けてみると言われる。

12:20 4錠目服用。
  
      陣痛監察器を付け1時間様子を見ることに。
      陣痛は3分に1度くらいに頻繁に来ていた。
      最後の方は張りも強くなってきて、少し痛みを感じるようになってきた。
      私はお腹が冷えたからだと思ったが、下痢になった。
      本当は薬の副作用だそうで、ここから何度もトイレに行く。

13:20 5錠目服用。

      監察器ははずされ内診で子宮口を診てもらうもまだ4~5cmしか開いていないとのこと。
      同時に子宮口を刺激してもらった

      痛みが強くなって来る。
      下痢もひどく、トイレに行くと陣痛が来ている間は痛くて動けなくなる。
      部屋に戻って助産師にそのことを伝えると、『ここから一気に進むよ』と言われる。
      『そろそろ分娩室に行こうか?』と聞かれたが最後に一度トイレに行きたいというと
      『今行くとトイレで動けなくなり出てこられなくなるよ』と言われたので分娩室に行く。
      それでも何度も歩けなくなり、陣痛をやり過ごしてから、また歩き出す。

      分娩室に着き、分娩台の隣のベッドで横になる。
      陣痛は2分おきくらいに強烈なのが来るようになって、助産師に腰をさすってもらう。

14:20 6錠目服用。

      痛みに耐えながらも6錠目を飲み、すぐに分娩台へ。
      痛みは最高潮だったが、ちゃんと波があり、全く痛くない時間が1分くらいあったので、
      自分は『まだまだここから時間がかかるのだろう』と思っていた。
      助産師が『力入れようと思ったら力入れられる?』と聞くので『分かりません』と
      情けなく答える・・・。
      分娩台に足をかける。が、痛みで動けなかったのでおいてもらう。
      先生が呼ばれる。

      すぐに力むように言われ『え?もういいの?』と思いながら力むと痛くて声が出てしまい
      全く赤ちゃんが出てこず『声出さない!』としかられる・・・出ちゃうって・・・。

      次に力むと、一気に大きなものが股の間を降りてくるのを感じる。
      こうなればやけくそだとそれから2度ほど力むと『頭でました』と言われたのに助産師が
      なにやらめちゃくちゃ引っ張ってるのが分かる。
      『もう一回力んでくれる?』と言われたので、ふ~~~んっっと力むとずるっと出てきた。

14:50 SAE誕生っ!!

      痛みは嘘のようになくなり、続いて胎盤を出す。
      胎盤も出すのに引っかかるくらいでかかった・・・・。
      この時点で助産師さんや先生と普通に会話が出来るくらいの余裕があった。
      3本ほど注射されて、会陰の縫合が始まった。
      頭がかなり大きかったのと、一気に出てきたのとで切開した他のところも裂けてしまった
      ようで30分くらいかけて丁寧に縫合してもらう。

      SAEはきれいにされてママと記念撮影。   

分娩室に移ってからは30分くらいのスピード出産でした。
薬がとても効果的に効いて、耐えられないほどの痛みを感じたのも最後の1時間ほどで、本当に楽なお産でした。
その後病室に戻っても余裕がありアオイとばぁばとゆっくりすごしました。

今回の出産はこんな感じでした。
7日の夜くらいに予想していたのに、昼過ぎに産まれてしまって、本当にびっくりしました。

入院生活はまた後ほど~。  


nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:育児
前の3件 | - SAE 誕生 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。